×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最新情報

自衛隊について

学科試験対策

2次試験対策

入隊準備

その他


適性試験対策

Aptitude Measures

◆飛行要員における適性試験対策

【はじめに】
 ここでいう適性試験とは、一般幹部候補生の飛行要員及び航空学生の2次試験で実施される飛行適性試験についてです。その他の適性試験については、知能検査を参照してください。また、飛行適性試験の目的及び受験生同士の公平な受験を期するため、飛行適性についての質問は一切受け付けておりません。ご了承ください。

【飛行適性試験は4つの試験】
【-1- 操縦感覚】
 原図(飛行機)があり、そこから指示された操縦をとった後の飛行姿勢を4肢から選択。

【-2- 姿勢感覚】
 2つの計器を確認し、飛行機の状態(方向や上昇、下降)を判断し4肢から選択。

【-3- 飛行感覚】
 連続した写真を見て、その飛行機がとった操縦方法(飛行方法)を判断し4肢から選択。

【-4- 方向感覚】
 原図(飛行機と方向)をみて、同じ状態にある飛行機を判断し4肢から選択。

【対策】
 極端な話をすれば、先天的な能力が大きく占めるので対策はしようがありません。しかし、強いて言うならば3Dの飛行機ゲームをやれば操縦感覚や方向感覚がつかめると思います。