×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最新情報

自衛隊について

学科試験対策

2次試験対策

入隊準備

その他


防衛大学校 学科試験対策

Examinations in academic subjects Measures

(1)防衛大学校とは

【概要】
 防衛大学校は、将来陸上・海上・航空各自衛隊の 幹部自衛官となるべき者を教育訓練する防衛庁の施設等機関です。教育課程は大学設置基準に準拠し、一般教育、外国語、体育の科目と、理工学専門又は人文・社会科学専門及び本校独自の防衛に関する諸問題の学際的な研究分野である防衛学の教育を行っています。一般教育科目及び専門の基礎科目はおおむね1~2学年次に、専門科目は2~4年次に履修し、卒業研究は一般大学と同様4学年次に行います。また、大学設置基準では、卒業に必要な修得単位は、124単位以上となっていますが、本校においては、防衛学を含んで151単位以上修得することとなっています

【入隊後の教育訓練・職域】
 卒業後は曹長(自衛官)に任命され、幹部自衛官としての知識や技術の習得のため約半年間幹部候補生学校に入校します。幹部候補生学校を卒業し、部隊に配置後約半年間で3等陸・海・空尉に昇任します。その後は、部隊の中核として職域に応じた職務が与えれます

(2)試験内容

<推薦>
【1次試験】   *1次試験のみ
口述試験
身体検査
小論文試験

<一般>
【1次試験】
・筆記試験
 【理工学】
  1日目: 英語(択一)、数学(択一)、英語(記述)
  2日目:理科[物理、化学、生物のうち2科目を選択](記述)、数学(記述)

 【人文科】1日目:
  1日目: 英語(択一)、国語(択一)、英語(記述)
  2日目:国語(記述)、
       数学または社会[数学、日本史、世界史、地理、倫理・政治経済のうち1科目を選択](記述)

【2次試験】
口述試験
身体検査
小論文試験

(3)試験対策(学科試験)

【傾向と対策】


現在、作成中です。もうしばらくお待ちください。


TOPICS

目覚まし時計(青色 LED)


自衛隊はその任務の性質上、1分1秒の時間を争います。そんな組織にいる以上は寝坊は当然、遅刻も許されません。いつも2度寝などをしている人は入隊前に生活スタイルを見直す必要があると思います。ちなみに、入隊後はアラームではなくラッパで起こしてくれます。

リーダーシップのある人、ない人


自衛隊という組織は民間企業に比べ、非常に大きな組織です。大きな組織ゆえに考えがまとまりにくこともあります。しかし、国防担っている組織がそんなことでは許されません。だから、指揮官が存在しリーダーシップを発揮して組織を統括しているのです。この本はその考えを理解しやすくまとめた本です。