×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最新情報

自衛隊について

学科試験対策

2次試験対策

入隊準備

その他


航空学生 学科試験対策

Examinations in academic subjects Measures

(1)航空学生とは

【概要】
 入隊後は自衛官の2士に任命され、約2年間は地上準備課程として、海上または航空の航空学生として基礎教育を受けます。地上準備課程修了時には、3曹に任命されそれぞれの操縦課程に進みます。

【入隊後の教育訓練・職域】
 地上準備課程修了時に3曹に昇任し、飛行幹部候補生として、2曹、1曹と順に昇任していきます。入隊後約4年でウイングマークを授与され、約5年で曹長に昇任。入隊後約6年で3等海・空尉に昇任し幹部自衛官となります。その後は、各配属部隊においてパイロットもしくはナビゲーターとして活躍します。

(2)試験内容 

【1次試験】
①筆記試験 (国語、数学、英語、選択科目[理科系または社会系科目のうち1科目])
飛行適性試験

【2次試験】
口述試験
身体検査
適性検査

(3)試験対策(学科試験)

【傾向】
試験時間は215分
 ・国、数、英(択一または短答式):90分
 ・地歴公民・理科(択一または短答式):45分
 ・英語(記述式):30分
 ・数学(記述式):50分

 出題範囲は他の自衛官採用試験(防衛大学などを省く)と違って高校2年までの分野が出ることと、記述式があることです。つまり、出題される範囲が広いので何の対策もせずに闇雲に受験しても合格は期待できません。しかし、安心してください。出題されている問題自体は基礎的なレベルばかりなので教科書で重要事項を抑えながら問題集を繰り返し解き、苦手分野に力をいれて勉強していけば全く問題ないと思います。また、航空学生にはこの学科問題が終了した後に飛行適性検査があります。

【対策】

『国語』
 過去問をパッと見ると難しそう見えますが、漢字や語句、文学史からの出題もあり、これらを確実に得点すれば点数は稼げると思います。どの問題も同じ配点なので簡単で、早く学習成果が出る、漢字や語句を中心に勉強していきましょう。文章題に関しても、基本的なものが多く学校の授業をしっかり復習していれば問題ないでしょう。しかし、文章題・古文は出題される問題数が多いので時間配分には注意です。また、文章題が苦手な人は改めて問題集を1冊用意し反復練習するとよいでしょう。

『数学』
 出題は数学Ⅰ、Ⅱからとなっております。択一式(短答式)と記述式の両方がありますので、きちんと学習する必要があります。傾向としては確率や方程式、関数の問題が多く出題されています。また、三角比の問題もよく出題されるのでしっかりと復習しておきましょう。記述式問題も出題傾向は同じで難問はありませんが、自衛官採用試験としては珍しく記述式です。よって、答案用紙の書き方(定義や思考過程)に注意しながら丁寧な字で回答しましょう。

『英語』
 数学と同じく、択一式(短答式)と記述式の両方がありますので、きちんと学習する必要があります。発音や語句の問題が目立ちますのでしっかりと得点源にしたいです。また、出題されている問題も基本的なものばかりですが、いろいろな文法問題が出ているので注意が必要です。対策としては文法を理解しながら構文・慣用句表現をしっかり覚え、分からない単語があった場合はその都度しっかり覚えましょう。

『地歴公民・理科』
 理科の場合は化学Ⅰ、物理Ⅰ、生物Ⅰ、地学Ⅰのうち1つを選択。
地歴公民の場合は、世界史A、日本史A、地理A、現代社会、倫理・政治経済のうち1つを選択。いずれの問題も基礎レベルなので教科書を用いた対策で十分です。その上で重要事項をしっかりと理解しているのかの確認として問題集を解くことをお勧めします。ちなみに地歴公民のAの問題集は少ないですが、Bをやればカバーできるのでそちらを購入することをお勧めします。


【最適参考書一覧】 

 『過去問集』
  ・航空学生採用試験 過去問題集(5年分)

 『国語』
  ・現代文―教科書の要点をおさえた (My best―基礎からベスト)
  ・出口のシステム現代文―大学入試 (ベーシック編)
  ・高校要点がわかる 国語 1 新課程

 『数学』
  ・数学I―教科書の要点をおさえた (My best―基礎からベスト)
  ・元気が出る数学I・A 新課程
  ・トレーニングノートα 数学I
  ・トレーニングノートα 数学II

 『英語』
  ・英文法―教科書の要点をおさえた (My best―基礎からベスト)
  ・安河内の英語をはじめからていねいに (上) (東進ブックス―名人の授業)
  ・安河内の英語をはじめからていねいに (下) (東進ブックス―名人の授業)

 『地歴公民・理科』
  ・トレーニングノートα 化学I
  ・トレーニングノートα 生物IB
  ・新課程自分でつくる参考書ゼミノート物理Ⅰ
  ・30日完成スピードマスター世界史問題集世界史B
  ・30日完成スピードマスター日本史問題集日本史B
  ・30日完成スピードマスター地理問題集地理A・B
  ・20日完成スピードマスター政治・経済問題集
  ・20日完成スピードマスター倫理問題集
  ・20日完成スピードマスター現代社会問題集



TOPICS

目覚まし時計(青色 LED)


自衛隊はその任務の性質上、1分1秒の時間を争います。そんな組織にいる以上は寝坊は当然、遅刻も許されません。いつも2度寝などをしている人は入隊前に生活スタイルを見直す必要があると思います。ちなみに、入隊後はアラームではなくラッパで起こしてくれます。

リーダーシップのある人、ない人


自衛隊という組織は民間企業に比べ、非常に大きな組織です。大きな組織ゆえに考えがまとまりにくこともあります。しかし、国防担っている組織がそんなことでは許されません。だから、指揮官が存在しリーダーシップを発揮して組織を統括しているのです。この本はその考えを理解しやすくまとめた本です。